デザイン住宅のジェイ・スタイル。自然材を使ったデザイン新築、住宅リフォーム│長崎県・長崎市

JUN PLAN
長崎県宅地建物取引業協会会員・長崎県知事(1) 3695号  
長崎県知事 許可(般-20)第12218号  
 
今月のセミナー開催日
弊社施工の中古住宅。
オープンハウス随時開催中!!
諫早市飯盛町。
お気軽にお問い合わせください。
ジェイ・スタイルの特徴
1.家は基礎から
2.断熱材
3.窓は樹脂サッシ
4.自然素材の使用
5.厚めの壁で耐震性UP
6.1回塗りの自然塗料
デザイン新築
リフォーム施工例
住宅ローン
シミュレーション
会社概要
Q&A
お電話でのお問い合わせ  TEL:095-830-2399
メールでのお問い合わせ   info@junplan.com
j-STYLE(ジェイ・スタイル)
〒851-0115
長崎県長崎市かき道3-22-8
住宅リフォーム「マイリフォームレシピ」
当サイトはマイリフォームレシピ
に掲載されています
>HOME >>Q&A
Q&A
 


当社にご相談くださる方の代表的な質問にお答えしています。
もっと詳しく知りたい方は是非、「マイホームセミナー」へご参加ください。

Q1.私たちにも家が建てられますか?
Q2.健康住宅って何ですか?
Q3.欠陥住宅が心配です。
Q4.間取りプランは作成してくれますか?
Q5.坪単価はいくらですか?
Q6.見積りを出してもらうにはどれ位かかりますか?
Q7.見積りが高かったらと思うと心配なのですが?
Q8.シックハウス対応住宅という事ですが、アトピーが治りますか?
Q9.モデルハウスはありますか?
Q10.自然素材をふんだんに使った家は高いのではないですか?
Q11.高断熱・高気密って何ですか?
Q12.土地を持っていないのですが住宅の相談は出来ますか?
Q13.住宅ローンを利用したいと思っているのですが、手続きは自分でやるのですか?
Q14.柱などの構造材には何を使いますか?
Q15.内装材には何を使いますか?
Q16.地震対策はどのようにされていますか?
Q17.本当に標準仕様が無いのですか?
Q18.相見積りをして頂く事は出来ますか?

Q1.私たちにも家が建てられますか?
A1.大丈夫です。お客様に新築やリフォームに必要なすべての予算を把握していただいてから、私どもが全体の総予算を確定していきます。
また、住宅ローンもお客様に最適な組み方等をご提案させて頂いております。住宅ローンの選択や税金の優遇措置なども含めて、資金計画をしっかりと 立てていきます。まずは資金計画ですので、お気軽にご相談ください。


Q2.健康住宅って何ですか?
A2.私たちの提案する健康住宅とは、天然木(無垢の木)をふんだんに使用して、なるだけ接着剤を使用しない住宅です。
壁はビニールクロスを使わず、和紙を貼ったり珪藻土を塗ったりして仕上げます。確かに自然素材は傷が入りやすかったり、割れたり反ったり することは避けられません。しかし年月とともに味が出て深みが増すととらえていただければ嬉しいのです。


Q3.欠陥住宅が心配です。
A3.最近はテレビやインターネットなどでたくさんの悲惨な事例が紹介されています。残念なことに悪徳業者に限らず、まじめな工務店でも 欠陥住宅は出来上がってしまいます。それは設計ミス・施工上のミス・管理のミス等たくさんの原因が絡み合って起こります。
そのため私たちは設計上のミスをなくすためにも構造計算を行い、施工のミスを防ぐためJIOの4回にわたる第3者機関の検査を受けています。 もちろん、社内でも厳しいチェックを工程ごとに行っています。それでも人間のすることなので、小さなミスが起きることがあります。 その場合は迅速に、誠実に対応させていただきますのでご安心ください。また、JIOの10年保証とは別にPL法に対応した建築工事総合保険にも 加入しています。


Q4.間取りプランは作成してくれますか?
A4.はい、遠慮なくお申し付けください。私たちはお客様のライフスタイルやライフプラン、家作りに対するイメージなどを お尋ねすることから始めます。時間はかかりますがお互いのことをよく知ることが、失敗しない家作りへの近道だと思うからです。 何回変更いただいてもプラン作成は無料です。


Q5.坪単価はいくらですか?
A5.私たちがお手伝いする住宅には坪単価という概念はありません。あくまでもお客様の総予算を重点に置き、その予算の中でどれ位良い家が出来るのかを努力しています。


Q6.見積りを出してもらうにはどれ位かかりますか?
A6.プランが決定して、仕様・設備が決定した段階で見積りいたします。 柱1本から見積りいたしますので、見積りのGOサインを頂いてから2週間ほどいただきたいと考えています。 当社の推奨仕様でとりあえずという方法も考えられますが、それでは「世界にたった1つだけの家」にはならないのです。
時間はかかりますが、どうかゆっくりと楽しみに見積りが出来上がるのをお待ちください。


Q7.見積りが高かったらと思うと心配なのですが?
A7.見積りは基本的に施主様の予算内に納めますので安心してください。 ただ、必要なものはすべて見積りしますので、多少予算オーバーするかもしれません。その場合は本当に必要なものと不必要なものに順番をつけてください。納得いくまで仕様・設備の変更に応じます。「高品質のものをより安く!」 がモットーです。


Q8.シックハウス対応住宅という事ですが、アトピーが治りますか?
A8.わかりません。アトピーの原因はさまざまです。また病気が治る家は作ることが出来ませんが、病気「シックハウス」になりにくい家を目指しています。


Q9.モデルハウスはありますか?
A9.ありません。私たちはなるべく余計な経費はかけずに、お客様に 「適正価格」「よい家」を提案したいと考えているからです。 モデルハウスが無い代わりに、これまでお引渡させていただいたお客様のお宅にご案内することは出来ます。 そしてそこにお住まいになっている方に入居後の感想を聞いてみてください。みなさん良い方ばかりですから 遠慮はいりませんから。
ただしひとつだけお願いがあるのですが、ご見学いただく住宅はそこにお住まいの方のためだけに創った家です。 あなたが創りたい家とは「間取りも空間も趣味も家族構成も違う」ということを頭に入れてご見学ください。


Q10.自然素材をふんだんに使った家は高いのではないでしょうか?
A10.その気持ちはよく分かります。『健康志向の自然素材は高い!』というイメージは皆様が持っています。 天然木を使った高級住宅は確かに高いです。銘木と呼ばれるブランド産地の杉や桧、節が一切無く木目のきれいに そろった木は値段が高いのです。しかし同じ杉や桧でも、産地にこだわらず節があるのも気にしなければ意外と 安いのです。
適材適所!節があっても木の強度は同じです。反ったりひびが入ったり、隙間ができたりすることも木が生きている 証拠ととらえるおおらかな付き合いが方が出来れば、新建材やビニールクロスを貼った家とほとんど同額で手に入ります。


Q11.高断熱・高気密って何ですか?
A11.「家の中から逃げていく熱をどれだけ食い止められるか?」の性能基準が省エネの基準です。熱が逃げるのを食い止めるためには、 まず断熱材の性能を上げなくてはなりません。セーターを重ね着するように厚くするか、熱の逃げにくい断熱材に置き換えるかしなければ なりません。これが「高断熱」化です。
また、住宅の隙間風と一緒に熱が逃げてしまわないように、隙間をきっちりとふさいであげなければいけません。これが「高気密」化という ことになります。


Q12.土地を持っていないのですが住宅の相談は出来ますか?
A12.もちろんです。当社は不動産会社でもあります。土地だけ探してほしい!というご相談も喜んでお引き受けいたします。


Q13.住宅ローンを利用したいと思っているのですが、手続きは自分でやるのですか?
A13.ローンの手続きは私共が代行致します。所得証明、住民票など必要な書類はお客様の方でご用意して頂きます。 事前にどれ位借入出来るか知りたい場合には、金融機関で事前審査をする事も可能です。


Q14.柱などの構造材には何を使いますか?
A14.すべて天然木の無垢材(乾燥材)を使用しています。柱は全て杉乾燥材4寸角、土台はひのき4寸角の防蟻処理なし。 桁、梁は松、床下には24mm厚の杉構造用面材を貼り、耐震性能をアップしています。


Q15.内装材には何を使いますか?
A15.床フローリング材はすべて天然木(無垢の板)赤松・パイン・杉・ひのき・桐(きり)等、お客様にサンプルを確認していただいて 決めさせていただいています。コルクなども水廻りなどに良く使います。天井や押入れなどは杉・桐などがお勧めです。
壁の仕上げには、和紙の壁紙・エコクロス・珪藻土・シックイ・土壁など、これも住宅のイメージや予算に合わせてサンプルを確認の上 お選びいただけます。最近はモイスという鉱物で出来た化学物質のフリーのボードなどもお勧めです。


Q16.地震対策はどのようにされていますか?
A16.高価な免震装置などは導入していません。その代わりに地盤調査を必ず行い、基礎と建物はきちんと構造計算をおこなっています。 構造計算にもとづいて耐震金物を設置するのですが、天然木(無垢材)はいくらきちんと乾燥されたものを使用しても年数とともにもっと 乾燥が進んで金物が緩んできます。そこで緩んだ隙間を自動的に締め付ける、特殊な耐震座金を採用しています。また、壁には構造用面材を貼ってモノコック構造とし骨太の柱・梁とあいまって高い耐震性と建物の長寿命を実現します。


Q17.本当に標準仕様が無いのですか?
A17.ありません。私たちは施主様の理想と夢を満たした「世界にたった一つの家」をつくることが標準仕様と考えています。
施主様に快適に過ごしていただくのが私たちの使命であり、私たちの経験や施工方法・ノウハウ・住宅設備などを施主様に押し付けることなく、
頼れる水先案内人として夢の実現をお手伝いしたいと思います。


Q18.相見積りをして頂く事は出来ますか?
A18.はい、お気軽にお申し付け下さい。私たちは合い見積りだったらやりませんなどと自信の無い事は言いません。 いつでもいいですし、日常的に設計士さんからの依頼でごく普通に行っていますから、安心してください。


 
 
 
JUN PLAN JUN PLAN
All Rights Reserved,Copyright (c) j-STYLE 2008